ドリームネット

Home > 建物> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

色々な商品が住宅ローンにはあるのですが、その一つにフラット35というのがあり、これはかなり長いですが、それでも固定で借りることができるわけですから、計画が立てやすい、ということがありました。しかし、住宅ローンというのは、金利が色々と相場があるわけですし、当たり前ですが変動をすることもあります。その為、固定で借りるべきであるのか、というのは実は悩ましい問題でもあります。ちなみに本当にずっと、最後まで固定というわけではなく、見直しは定期的にされることになりますから、超低金利の時代であろうとも後で高金利時代になったときにその金額まで近づくこともありますから、覚悟しておきましょう。しかし、さすがにもう日本で最も住宅金利が高かった時代のようなレベルになることはないでしょう。それはいったいいつであるのか、といいますとなんといってもバブルのときです。それこそ8%くらいで借りることがそんなに珍しい時代ではなかったのです。これはかなり厳しい金利であります。今ではその4分の1くらいで借りることができます。バブルの時がどれだけ凄かったのか、ということがわかるでしょう。住宅ローンとはかなり長い期間を借りることになる借金になります。ですから、基本的にはかなりしっかりと計画を立てる必要性があります。そこで重要になってくることが自分の収入でしょう。今の現在の収入が最高潮である場合、それで組むことはまったくお勧めできないです。大事なのは今後どうなるのか、ということでもあるのですが今後、多少下がるとしても問題なく、返済をしていくことができるのか、ということから考えるようにしましょう。そうすれば無理なく返済をしていくことができるようになります。それがまずは大事な考え方になります。これから年収も年齢と共に高くなっていく、という考えは間違いなくよくないですからやめるようにしましょう。それが基本になります。これを忘れないことです。

注目キーワード

住宅ローン
住宅用のための土地・建物の取得や、リフォームのために、資金を借りること。 住宅金融公庫などが有名。 ゆとり返済、元利均等、元金均等など、さまざまな形態があり、期間は長期に及ぶものだと、35年にもなる。 ...
住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑