ベアーズコーポレーション株式会社

Home > 建物> ベアーズコーポレーション株式会社

ベアーズコーポレーション


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茨木市の不動産情報を完全網羅! 新築・中古一戸建て、中古マンション、売土地。お目当ての物件情報を簡単に検索出来ます。物件探しは掲載物件数地域ナンバーワンのベアーズコーポレーション株式会社

結婚をして子供ができれば、新たに不動産を購入して移り住むことを考えるかもしれません。子供が小学校に上がるまでに決められれば、子供が義務教育を受けている間の転校を防げます。子供のためにも早めに決める方がいいかもしれません。ではどんなところがいいかですが、やはり子供の学校の通学を考えた不動産選びをすることがあります。義務教育で9年あり、さらに高校、そして大学などに進学するとなるとある程度学べる学校が近くにある方が通学がしやすくなります。大阪府の茨木市は、北摂地方といわれる地域になります。大阪府の北部で、最北端は京都府と接している市になります。不動産を選ぶ上で茨木市の教育に関する施設はどんな状況になっているかを知っておきたいでしょう。市内全域に小学校や中学校があるため、通学するのに困ることは少ないようです。ただ、市の北部は山間部になり、この地域にはあまり学校はありません。一部北部でも再開発が進められているものの実際に町が作られるまでには時間がかかりそうです。小学生や中学生の通学を考えるのであれば、茨木市の中心部から南部を中心に検討すると良いでしょう。小学校にはそれぞれ学童保育が設けられていて、共働きの親がいる家庭などで利用ができます。低学年の子供を小学校に通わせるときに気になる問題を解消しやすいです。中学以降の高校や大学なども充実している市と言えるでしょう。公立高校がいくつかあり、一つは府内でもトップクラスの高校です。その他単位制を取る高校、工業系の専門分野が学べる高校などがあります。私立も進学をメインにした高校が複数あり、その他に医療系のコースを選択できる高校もあります。茨木市には大学もたくさんあります。関西を代表する大学の茨木キャンパスであったり、文系を中心とした中堅大学や女子大学があります。医療系の大学が複数あるので、医療系の進路を目指したい人ならそちらを選べます。小学校から大学まで市内で学べるよう整備されています。

注目キーワード

不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...
東急不動産
英文表記:Tokyu Land Corp. 証券コード:8815 東京都渋谷区道玄坂に本社をおく、東急グループの不動産会社。
<関連情報:茨木市 不動産
PAGE TOP ↑