陣内ウィメンズクリニック

Home > 美容> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

不妊で悩んでいる方が増えていると同時に、その治療の方法も多様化しています。これは不妊を治療できる可能性が高まっているということでもあります。不妊治療でまず初めに用いられることが多いのはタイミング法という方法です。これは粘液の状態や卵胞の大きさ、血中値などから排卵日を正確に把握します。その上で自然な妊娠を目指すのがこの方法の特徴です。それだけでなく、排卵がない場合には卵胞の発育や排卵を促すために排卵誘発剤を併用することもあります。タイミング法が上手くいかなかった際に用いられる不妊治療の方法として人工授精があります。これは人の手を介することで男性の精液を女性の子宮内に注入する方法です。人為的に妊娠させるイメージを持たれがちですが、人の手を介して受精の手助けを行うのであってそれほど不自然なものではありません。ヒューナーテストの結果が良くない婆愛や精子に不妊の原因があると考えられる場合には人工授精が行われるケースが多いです。人工授精を行っても妊娠が見受けられない場合は体外受精が実施されることがあります。体外受精は体の外で精子と卵子を受精させる不妊治療の方法です。かつては非常に高度な手段とされておりごく限られた環境でないと実施するのが困難でしたが、昨今では顕微授精の登場により一般的な不妊治療の1つになりつつあります。顕微授精とはガラス管などを使って精子を卵子に注入させる不妊治療の方法です。これまでの体外受精よりも人工的な要素を強めた内容になっています。顕微授精は一般的な体外受精でも受精しにくい場合や生死の運動性不良の割合が高い場合によく実施される方法です。不妊治療はそれぞれの方に合わせた方法を選択することが重要となります。そのため、丁寧なカウンセリングを実施してくれるクリニックがおすすめです。特定の治療法ばかりを勧めてくるのではなく、幅広く選択肢を用意してくれるところを選ぶのが成功への近道です。

注目キーワード

動物病院
獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称。 アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。獣医師の他動物看護師、助手などで成り立つ。 近年のペットブームの影響を受けて世界...
救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
<関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑