WIP

Home > サービス業界> WIP

WIPジャパン|グローバル法人・企業向け多言語・インテリジェンスサービス(翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査)


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・大阪を拠点に、約8,000社のお客様と過去50,000件以上のプロジェクト実績。世界139言語・414都市における約9,000名の翻訳者・通訳者・リサーチャー・現地スタッフが多種多様な分野に対応。翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査等の高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供しています。

しっかりとした翻訳会社を選んで就職することに、非常に大きな意義があります。どうしても翻訳関係の仕事に従事したいと感じているならなおのこと、会社選びで全てが決まると言っても過言ではないので、ここに1番時間を使うようにしましょう。最近は幸いなことに、有効求人倍率がとても高い時代になってきたので、入り口となる求人情報を探すこと自体はかなり簡単です。パソコンやスマートフォンを使って、全国規模で翻訳会社から出ている募集案件を探すように意識すれば、割と早い段階で見つけ出すことができます。後は求人情報の中身をきちんと見て、福利厚生などが整っているかどうかの確認をさせてもらいましょう。また、それと同時にハローワークに行く時間も作ることができればベストです。公共施設であり、土日祝日の利用が難しいと言うことを考えると、忙しい人にとってはなかなか厳しいかもしれませんが、極力利用することをお勧めします。ハローワークに在籍している職員がマンツーマンでキャリア他のスリングをしてくれるので、それだけでも利用する価値は大いにあると言えるでしょう。最初にプロフィール登録をするときに、翻訳会社で働きたいと言うことを在籍している職員に伝えて、具体的なアドバイスを提供してもらうとかなり変わってきます。特定の会社の面接に向けての対策もしてくれるので、単純な話、採用確率の底上げを図ることにもつながるはずです。どちらにせよ、いろいろなツールやコンテンツを活用していると、ニーズが多くなっている今、翻訳会社から出ている求人情報を、少なからず見つけることができるようになるでしょう。焦らなくても良いので、極力時間をかけてじっくりと見定めた上で、後悔のない就職活動を展開したいところです。ちなみに、時と場合によってはアルバイトスタッフ等の立場でスタートになる場合もあります。そんな時も、時給がどれくらいになっているのか、そして将来的に正社員にしてくれるのかどうか、調べなければならないところは必ずチェックしましょう。妥協せずに納得の会社に就職することが大切です。
PAGE TOP ↑