株式会社オデット

Home > 購買> 株式会社オデット

トウシューズやレオタードなどバレエ用品の通販【ダンス オデット】


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。

女の子に人気の習い事バレエですが、本格派の教室から趣味のサークル、カルチャースクールでのレッスンなど様々な形態のものがあります。本格派の教室は教室指定のバレエ用品を教室で購入することもありますが、自分で用意しなくてはならない教室も多いです。初めて習うお子さんの場合何をどうやって購入すればよいのかわからず戸惑ってしまうことも多々あります。バレエ用品の専門店は意外と少なく主要都市以外に住んでいると通販を利用して購入することが多くなります。通販でレオタードやタイツ、シューズなどを購入する際に一番悩むのがサイズです。同じサイズ表記でもメーカーによって大きさに違いがあるからです。国産のメーカーと海外メーカーでは規格が全然違うものもあります。安いものではないので失敗せずに選びたいと思ったら、通販のお店で実際に購入した方のレビューがとても参考になります。例えば身長・体重がどのくらいのお子さんにどのサイズを買ったらサイズ感はどうだったというような細かなレビューを記載してくれている方が多くいます。自分のお子さんにそれを当てはめて選ぶとイメージがわきやすくなります。また、シューズなど実際に履いてみないとなんとも言えないバレエ用品に関しては、サイズ交換無料のお店もあるのでそちらを選ぶのがおすすめです。万が一履いてみて合わない場合には返送し、適切なサイズのものと無料で交換してもらえます。バレエシューズは通常のサイズより少し大きめのサイズを選ぶことが一般的です。シューズの種類によっては、履き口がゴム紐でしばるようになっていて、サイズの調整ができて長く履けるタイプのものもあります。わが子の通う教室では縛るタイプはレッスン中ほどけたりして集中力を妨げることもあるとの理由で不可でした。バレエシューズの底も、底がつながっているフルソールタイプと、セパレートになっているスプリットソールの2種類があります。足裏を使う意識がしっかりとできるまでは初心者は反発力が強いフルソールタイプがおすすめです。ちゃんと確認せずにスプリットソールを購入するとお子さんの足に負担がかかるので通販で購入する際は気を付けましょう。

注目キーワード

抽象バレエ
→アブストラクト・バレエ
バレエレッスン
「バレエのレッスン」の略語。
PAGE TOP ↑