星野総合商事株式会社

Home > サービス業界> 星野総合商事株式会社

BCP(備蓄備品管理システム)・防災の【星野総合商事株式会社】 | 備蓄倉庫・防災倉庫や資機材なら【星野総合商事株式会社】


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

BCPは防災・防犯資材の総合商社【星野総合商事】へ。災害時の備蓄品は、日頃の業務フローでは在庫管理の難しいものです。防災用品を扱う弊社では、非常食や水、医療品などの消費期限の確認から在庫チェックまで、備蓄品データを管理するシステムを無料で提供します。

災害が多い日本では、政府機関や自治体はもちろん、企業においても防災対策を行ってきました。防災対策は、文字どおりは災害を防ぐことを目的としています。しかし、最近発生している自然災害は、防ぐことができる程度のものではなくなってきています。このため、災害によって受けるダメージは深刻なものになっています。さらに、社会が多様化かつリスクは自然災害だけに限られなくなっています。情報漏洩などの不祥事はもちろんのこと、自社ではどうにもできない外的要因により大変な被害を被る可能性が高まっています。そこで、防災に限らず、あらゆるリスクに対応し、事業を継続していくための概念として、BCPが出てきました。BCPとは、ビジネスコンティニュープランの略で、リスクに直面しても、そのリスクにより事業が終了することなく、リスクを乗り越えて事業を継続していくために策定する計画です。すなわち、これまでに築き上げてきた企業の競争力や企業価値を消滅させることなく、維持していくことを目的として、リスクに対して最善の対応を行い、一刻も早い企業力の回復を図る計画です。事業を継続するにあたって重大なアクシデントが発生すると、操業や事業ができなくなり、収益も悪化してしまいます。この状態が長く続いてしまうと、支出超過に陥り、事業継続は極めて困難になります。そこで、想定されるいろいろなリスクを洗い出し、それらが発生した場合にどのような過程を経て対応していくことになります。BCPにもいろいろな建て方がありますが、まず第一に重要なのが初動対応です。最初の対応を間違えると立て直しができなくなることもありますので、まず初動で適切な措置をとることが必要です。そして、初動の期間をできる限り短くして、部分的に業務再開にこぎつけることを計画します。その上で業務を段階的に行えるようにしていき、最終的に完全復旧になります。企業としては、自社のために策定しますので、法律で義務づけられてはいませんが、社会的な責任としてBCPの策定が急務になっています。
PAGE TOP ↑