OKC

Home > 習い事> OKC

ニュージーランド・オーストラリアの高校留学・帰国子女留学ならOKC


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

いろいろな国に行くチャンスとなる高校留学ですが、最近はニュージーランドに行く学生もかなり多くなってきました。確かにニュージーランドは、他の国に比べてもかなりコストパフォーマンスよく良い経験が出来るので、選ぶ価値は大いにあります。何よりも安全で、人々のホスピタリティが高いため、足にして通い続けることができると言うのも嬉しい限りです。ただ、食べ物などが変わる事実もありますし、文化なども変わるので、本当についていけるかどうかを見極めてから参加するようにしましょう。とは言え、やってみなければわからないと言うのも疑いようのない事実です。最初から恐れていては何も始まらないので少しでも興味があるなら、多少お金を支払ってでもやってみることをお勧めします。高校留学には、必要な書類などもあるので、ニュージーランドの高校留学を決めたら、元気で活躍している留学先に目を向けてみるようにしましょう。必要なビザ、そして申請するときの書類、さらに現在の為替相場など、お得な情報が満載です。さらに重要な情報として、今現在その学校で在籍している学生の体験談などを確認できたりします。特に日本人が該当する留学先で高校留学をしているとなると、なおのことその体験談が気になるところでしょう。そういったところだけではなく、口コミ情報サイトや個人のブログ、そしてソーシャルネットワークサービスのアカウントなどにも目を向けて、経験談を真っ先に確認するよう心がけておきたいところです。非常に重要な情報がたくさん手に入ります。ニュージーランドは、英語が主流となっている国です。なので、自然と英会話を身につけて帰ってくることができるでしょう。それだけでも、ある程度のお金と時間を使って入学する価値はあります。最低でも1年間は短期留学をするわけですから、その間に英会話に必要なトーキングテクニック、そしてリスニングなどを身に付けられるはずです。国内の英会話教室に通うよりは、よほど良い結果を出して帰ってくることができるでしょう。

注目キーワード

交換留学
国同士或いは学校同士が提携し、お互いに留学生を交換しあうこと。 国際的な相互理解の向上が期待される。 日本の文部科学省は世界各国に親日家を増やすために積極的に取り組んでいる。
嵐の中華街留学
フジテレビ「バニラ気分!・まごまご嵐」のコーナーの一つ。 嵐(あらし)中華街で北京語をマスターする企画。 * []リスト[]:リスト::ジャニーズ関連キーワード//固有名詞
<関連情報:高校留学 ニュージーランド
PAGE TOP ↑