フォトスタジオリーフ

Home > ワーク> フォトスタジオリーフ

七五三は世田谷区喜多見の写真館フォトスタジオリーフへ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

成城学園前となり世田谷区喜多見駅徒歩1分フォトスタジオ リーフ 七五三 成人式 入園入学写真 就職活動用証明写真など各種記念撮影と衣装レンタル、美容、着付けもできる写真館です。狛江市、川崎市、多摩区、調布からも多くご利用いただいております。

写真館で記念写真を撮影してもらうのは、子供のころの七五三かなとイメージしていましたが、大人になってからでも写真撮影を楽しめるのが分かりました。きっかけは世田谷に暮らしていた祖母が、久しぶりに祖父と一緒に上京してきて、みんなで記念写真を撮影したいと提案したことです。家での写真撮影を考えていたのですが、どうやら写真館にみんなで行こうという趣旨でした。家族みんなが、それぞれに服を選んで、おめかしして写真撮影にのぞみました。写真館は見た目の外観イメージよりも室内が明るくて、開放感がありました。いつも証明写真を狭い場所で撮影していましたので、カメラとの距離といい新鮮でした。祖母が写真館にこだわる理由は、ふだんの生活とは区切りをつけられる空間であることと、家族以外の第三者が撮影することで家族全員が同じ一枚の写真に、しかも美しく撮影されるからというものでした。実際に仕上がった写真は、いつもと違うよそゆきの表情でありながらも、旅先で家族がくつろごうとしている和気あいあいとした雰囲気が感じられました。写真館での写真撮影は、旅先での記念写真のようにも感じました。家から近い距離なのに、いつもと違う街角を旅してきたかのような充実感を覚えました。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
<関連情報:写真館 世田谷
PAGE TOP ↑