ロックセキュア

Home > リビング> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

最近はよくテレビで鍵を開けて泥棒が入る手口を紹介していますが、それを見ていると安易な鍵では簡単に開けられることがわかります。その為、鍵にはお金を多少使っても、簡単に開けらないような物にしないと付ける意味がないことがよくわかります。それと同時に鍵の施工業者もしっかりした技術のあるところでないと不安があるわけです。これらの不安を払拭できる業者としてロックセキュアがあり、ここは実績があり、施工した時は保証書を発行してくれますから、会社側は施工にかなり自信を持っています。この会社はいろんなメーカーの鍵を扱い、それを顧客に説明して製品の中からいい物を選んでもらうことによって施工をおこなう会社です。顧客と施工業者の間に入り下請け施工業者に施工をさせるタイプの会社ではないわけで、自らが販売施工をやっている会社です。その為、施工業者と顧客の間に入る業者がない為、工事費が安くなるわけで、その分、工事費が安く上がることになります。また鍵設置だけをメインの仕事にしていますから、経験が豊富である為、場所によりどの鍵がいいかが現場を見ればすぐにわかることになります。したがって、現場を見ればお勧めの鍵がすぐにわかることになり、それを顧客に勧めてくれることになるわけです。泥棒はプロになればなるほど鍵に対して研究をしてきますから、ロックセキュアのような技術力のある鍵屋に販売施工をやってもらわないと危険です。ロックセキュアのような鍵専門の業者は泥棒の手口をよく知っていますから、その業者が勧める商品なら素人が安全と考える商品より、より安全性の高い商品を取付けることが可能になるわけです。夫婦共稼ぎの家が増えている現在において、鍵は資産を守る大切な機器と言うことになります。これにお金を惜しんでは万が一の時に痛い目に合うと言うことになりますから、この部分に関してお金を惜しまないことが大事です。いかに信用度の高い鍵を使い信用度の高い業者を選択するかが大切です。

注目キーワード

鍵屋
鍵の専門家。類語:鍵師 家・車・金庫などの財産の施錠に係るロック・サービスを生業とする職業。  ロック・サービスには、紛失した鍵の合い鍵を作ったり、鍵の修理や、鍵の交換などを出張して行うほか、セキュリ......
鍵のかかった部屋
2012年4月から放送されてる連続ドラマ。(月9)貴志祐介のミステリー小説「弁護士・純子&防犯探偵・榎本シリーズ」が原作。タイトルはシリーズ第3作より。嵐の大野智が主演。 2013年2月26日、TV LIFEが行う「第22...
<関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑