さやま保育園ふじみ

Home > 習い事> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育所(ほいくしょ)は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、児童福祉法上の名称は保育所である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

全国の中でも、手厚い子育て支援で知られているのが狭山市ではないでしょうか。市内にはたくさんの保育園がありますし、各々が特色を出して子どもの成長のサポートをしています。待機児童数の増加は全国的な課題ですが、狭山市に関しては全く心配は要りません。移住者対策にも力を注いでいて、若い夫婦が狭山市に引っ越して来るケースが増えています。子育て支援の市として認知度が高いですし、口コミで評判が広がっています。保育園で受けた教育は、その後の人生に大きな影響を与えると言われています。保育士の育成も含めて、必要なところに予算を付けている成果と言えるのではないでしょうか。保育のコンセプトとしてあるのが、自由な環境で子どもを学ばせるスタイルです。それに共感する親御さんが、子どもを預けているようです。保育園自体の環境も充実していて、広い園庭と年間を通して楽しい行事が組まれています。子どもを楽しくさせることが出来ると、保育園が変わりますし、教育の質が上がると言われています。市内では入園前の説明会も開催されていますし、疑問や質問にも納得するまで答えてくれます。小学校や中学校に進学する前に、なるべく多くのことを吸収させておくのが保育園の役目ではないでしょうか。出来ないことをそのままにしておくのではなく、最後までサポートをしてくれるので体制が整っています。保護者と保育士の繋がりも密ですし、風通しの良さがアドバンテージと言えます。保育が変わることで、狭山市の教育レベルが上がるのではないでしょうか。楽しく過ごして基礎固めが出来るのであれば、こんなに幸せなことはありません。日本の少子高齢化は急速に進んでいますが、幼児教育の根底が変わるきっかけになると期待されています。公立や私立に関係なく、足並みを揃えて教育の向上に取り組んでいる成果と言えます。まだまだ伸びしろはあるはずですし、狭山市の人口増にも結び付くのではないでしょうか。

注目キーワード

保育所
保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠ける子供を1日ごとに預り養育することを目的とする施設。厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される児童福祉施設である。 ちなみに、国公立の場合は正式な名称......
認可保育所
日本の児童福祉法に基づく児童福祉施設の保育所のこと。国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可する。区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所がある。大幅な公的資金補助があ......
<関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑