自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > リビング> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆の通販 自家焙煎珈琲やすらぎ


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。

あまりにも多くの種類のコーヒー豆が通販サイトには並べられているので、美味しい珈琲を求めるにしても迷いが生じてしまいます。特にコーヒーに特化していつ通販サイトにもなると、こだわりのオリジナルブレンドから、あまり名も知らないような希少な豆まで用意があるので、コーヒー好きはうれしい半面迷いっぱなしです。せっかくのコーヒー専門通販を利用するのですから、豊富な種類の中からコーヒーの持つ、酸味の強さをチェックして選ぶのも悪くはありません。酸味が強く感じやすいコーヒー豆はローストが浅い状態のタイプであり、甘みの強さを求めるならローストは深い方が、甘みも苦みも強くなるのが基本です。ローストのやり方だけではなく同様に、コーヒー豆の品種であったり、産地によっても酸味は大きく異なります。どのようなコーヒーとの組み合わせにも柔軟に対応できるのは、ブルーマウンテンの品種であり、相性というバランスの良さで行っても天下一品です。ブルーマウンテンはジャマイカが産地であり、優しく柔軟性のある豆であることからも、誰にでも受け入れられやすい品種でもあります。丸みのある酸味とスイートな香りで人々を魅了するのはコロンビアであり、ネーミング通りのコロンビア産の品種です。コーヒーを味わう上でも酸味が苦手な人はいますが、酸味を苦手とする人であっても、まろやかなコクを持つコロンビアなら飲むことができます。適度な酸味と香りを持つのはメキシコであり、メキシコ産の豆を使った種類で、ソフトな品高い味わいのコーヒーです。味わいには酸味が強烈すぎるようなことはないですし、豊かな香りも心地よいほどですから、癒され系の豆でもあります。ある程度の酸味が欲しい人にはブラジルサントスが向いている豆であり、香りも高くて中庸な味ワイの中には、苦みと酸味が適度に含まれるタイプです。ブラジルで生産されている豆であり、程よく酸味がコーヒーを飲んだ後に残るのが、酸味が好きな人にはリピートしたくなる味でもあります。

注目キーワード

アイスコーヒー
氷やクーラーで冷やしたコーヒーのこと。食品衛生法では清涼飲料に含まれる。 「アイスコーヒー」は和製英語で、英語では"iced coffee"という。 関西では「レイコー(冷珈)」という俗称で呼ばれたりもする。 :飲料
コーヒー
:飲料 6世紀の頃です。羊飼いのアラビア人がいました。ある日、自分の飼ってる羊が興奮しているのを発見して不思議に思い観察してみると 赤い木の実を食べるとそうなることがわかったのです。毒でもなさそうな...
<関連情報:コーヒー豆 通販
PAGE TOP ↑