日本防音株式会社

Home > リビング> 日本防音株式会社

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」


防音の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」にお任せ下さい。本格的な防音室付属住宅の計画や既存建物の防音対策工事を行っております。騒音測定、周囲に対する音源計画などコンタルタント業務にも対応。土日祝日も受付中。まずは、お気軽にご相談下さい。

ピアノの防音方法でとりわけ有効的な手段は、ピアノを弾く部屋自体を防音室へと作り替えることがあげられます。 部屋全てを広範にリフォームしなくても、楽器製造メーカーが取り扱っているパネル式簡易防音室も存在します。 建築製造メーカーなどに工事をオーダーするのも有効な方法です。 防音室を活用することによってピアノを弾くと、室内においては音はふつうに響きますが、外へ洩れる音量は相当軽減できます。 残響の相違はありますが、ピアノの音色そのものに変化がないので演奏者にとってもナチュラルな音で演奏を行ないやすいでしょう。 しかしながら、自明のことですが防音室にもウィークポイントが見受けられます。 まず第一に、セッティングのためにはそれなりのコストがかかります。アップライトピアノなら1畳くらいのスペースで設置できますが、安いとしても数十万円は求められるでしょう。グランドピアノでしたら3畳は必要になりますから、更に必要となる費用が発生します。それに加えて、壁、あるいはドアのクオリティーを高めて部屋全てを実効性のある防音室にリフォームすると、そのコストは莫大になりますし、賃貸物件ならば家主や管理会社へ許可を得る必要があります。それから、退去時の原状回復が必須となると、トータルの費用は相当必要です。それに加えて、パネルスタイルの場合、パネルそのものの重量が少なくないため、床の強度についてもあらかじめチェックする必要があります。 必要となるコストの問題点を乗り切ったと仮定して、簡易防音室を室内へとセッティングできたとしても、パーフェクトな対策になるかはわからないです。 室外へと流れ出す音が軽くなることは確かですが、夜間に積極的にピアノを弾けるほどの有効性は得られないと考えた方がよいでしょう。プロフェッショナルが活用するスタジオレベルにはそんなに簡単にはならないといえ、深夜のトレーニングは控える方が手堅いです。

注目キーワード

消防音楽隊
日本の消防吏員(消防官)等によって編成されている音楽隊。消防活動の広報などのために演奏を行っている。 消防音楽隊のうち、音楽活動を専門とする専務隊は、東京消防庁等の6都市に置かれている。残りの消防本部の......
<関連情報:防音室
PAGE TOP ↑