childbedlaboratory

Home > リビング> childbedlaboratory

childbedlaboratory.biz - 


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

childbedlaboratory.biz はお客様がお探しの全ての情報の原点です。一般的な項目からお客様がお探しのものまで、 childbedlaboratory.biz は全てここにあります。きっとお探しのものが見つかるはずです。

出産後の女性の体は個人差ももちろんありますが、体が急激に元の状態に戻ろうとすることもあってとてもデリケートになります。10か月くらいかけて変化していった体をすぐに戻すとなると、大きな負担が体にかかってしまいます。だから、あまり無理をしないようにしましょう。中国や韓国、台湾などでは産後ケアの施設に入ることが一般的です。日本ではまだまだあまり浸透していないかもしれませんが、徐々に真剣に考える人は増えています。東京にも良い施設がありますから、妊娠中から出産後のことを考えておきましょう。一体、産後ケアしてくれる施設ではどのようなことをしてくれるのでしょうか。東京に何軒もありますが、病院や助産院などが運営していることが多いです。出産後ですから母乳ケアを行っています。他にも子育て相談を行っていたり、沐浴指導など赤ちゃんを育てていくために必要なことを中心にケアしてもらえます。初産の人は沐浴をしたことがないでしょうから、沐浴指導は特にありがたく感じるかもしれません。出産後は体調の不安もありますが、精神的に不安になりやすい人もいます。産後うつという言葉もあるほどですから、産後ケア施設に行って精神的にもしっかりとケアしてもらったほうが良いでしょう。母親の心のケアにも力を入れている施設は東京にもあります。カウンセリングなどを行っている施設を選んだほうが良いかもしれません。どのくらいの期間施設に入れるのかも気になるところです。これは施設によっても違いがあり、日帰りできるところもあれば1週間くらいいられるところもあります。1泊2日のところが東京では比較的多いです。出産後に自分が施設に行って泊まるのも良いですが、自宅で訪問産後ケアを受けることができるところもあります。今では産後ケアの種類も徐々に増えてきていますから、自分に合っているサービスを受けましょう。東京なら他の地域と比べてもサービスの種類が多いのでよく考えて利用してみてください。

注目キーワード

赤ちゃん教育
リスト::外国の映画::題名::あ行 Bringing Up Baby 1938年 アメリカ映画 白黒 102分 ハワード・ホークスが監督・製作したスクリューボール・コメディの代表的傑作。主演はキャサリン・ヘプバーンとケアリー・...
赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
PAGE TOP ↑