税理士法人わかば

Home > ワーク> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

グローバル化が進んでいる日本においても、外資系の企業進出が増えています。中国やインドネシアに本社を持っている企業が、日本に支社を置いてマーケットの拡大を図っています。無論、良い意味での競争効果は歓迎です。企業が成長するきっかけになりますし、アジアが手を携えることで欧米にも対抗出来るはずです。外資系にとって厄介な問題の一つが、日本の税金制度だと言われています。しっかりと知っておくことで、脱税の疑いを拭うことが出来ますし、やはり最も確実な方法としては、顧問税理士を置くことではないでしょうか。法人税や所得税は煩雑なシステムになっていますし、税理士のアドバイスをもらうことで、社員に対しても還元出来ることがあります。日本の税理士は有終ですし、複数の企業をかけもつのが当たり前です。企業間の情報収集にも役立ちますし、メリットは図り知れません。これからの日本のマーケットは、少子高齢化によって縮小すると言われています。それ自体は深刻ですが、逆に海外に目を向けるきっかけになります。介護や運送の分野に進出する外資系も多いですし、日本人にない視点を持ち込んでくれるのではないでしょうか。信頼の出来る税理士がいるといなのでは、企業価値が大きく変わると言われています。若くて有能な税理士が増えていますし、早めに確保しておくと良いのではないでしょうか。消費税の増税が予定されている日本ですが、それに伴って経済が失速する恐れもあります。せっかくの好景気に水を差す事態にもなりますし、このピンチを上手に乗り越えねばなりません。税の専門家の意見を借りつつ、前向きにビジネス展開をすることが大切です。納税は国民の義務ですし、きちんと納めることで国が発展するのは確かです。使い道をしっかりと見届けることも重要ですし、勉強をすることで仕組みが理解出来るのではないでしょうか。インターネットで事務所の口コミを調べられますし、ランキングを参考にしてみて下さい。
PAGE TOP ↑